使用パーツ一覧

ここではこのサイトの「Creation」で使用したパーツを紹介しています。「Creation」での構成はほんの一例で、DAC、アンプ、スピーカー等は、趣味嗜好にあわせて多種多様なものが販売されておりますので自分の環境、好みに合うものをご利用ください。


 

ラズベリーパイ本体

ラズベリーパイ本体はamazonや楽天といったネットショップでも購入可能ですが、 RSオンラインが代理店で価格も安いので「RSオンライン」での購入をおすすめします。

ラズベリーパイは(2015/8/14現在)5種類が発表されております。

ラズベリーパイA (販売終了)
ラズベリーパイA+
ラズベリーパイB (販売終了)
ラズベリーパイB+
ラズベリーパイ2 B

これらモデルの詳細や違いはwikipediaにて詳しくありますので気になる方はそちらを参照ください。

Raspberry Pi」Wikipedia

このサイトでは有線LANポートがあり、I2S-DACの接続時に必要となるGPIOピンがあらかじめ立っている「Raspberry Pi 2 Model B」を使っています。

※ラズベリーパイA+、B+、2Bは基板上にI2S接続時に使用するGPIOピンが出ておりますので特別な加工無くI2SによるDACの接続が可能 ですが、A(無印)、B(無印)、にはこのピンがたっておりませんので、別途ラズベリーパイ本体にピンを立てる、又は直接ハンダ付けするといった加工が必 要になります。


 

SDカード

ラズベリーパイはSDカードにOSを書き込みそこから起動するのでSDカードは必須となります。インストール後のOS(Volumio1.55)サイズは2G以下ですので、使用するカードは2G以上のカードでしたら 使わなくなったSDカードでも利用できます。
また、ラズベリーパイはSDHC規格までをサポートしてますので最大32Gまでのカードが利用でき、インストール直後の初期状態ではSDカードの持つフル領域を利用することができませんが、 「SDカードの拡張」をすることでフル領域を使えるようになります。
この拡張をすることで音楽ファイルを入れることができる領域が増えますので、音楽データをSDカードに入れて利用を考えている場合はSDHC規格上限の32Gのカードをお勧めします。
このSDカードの拡張ですが、設定にはコマンドラインによる操作が必要となりますので、コマンドに自信がない方は、音楽データはUSBメモリや、USB-HDD、NASと接続するといった方法でご利用ください。
※SDXCタイプのものも使えるようですが未確認です。


 

DAC

ラズベリーパイにもイヤホンジャックがついており、ここにスピーカー又はイヤホンを挿せば音は鳴りますが、 お世辞にも良い音とは言えませんので別途、外付けのDACをつけて高音質化させます。
ラズベリーパイとDACの接続にはUSB方式とI2S方式の2つの接続方法があり、 また、DACはハイレゾ再生可、非対応など、様々な種類のものが販売されていますので好みでお選びください。
ここではハイレゾ対応でI2S接続のDACを使いました。

※I2S接続のDACを使う場合、ラズベリーパイA+、B+、2 BはI2S接続に必要なGPIOピンがあらかじめ立っていますが、A(無印)、B(無印)、にはI2S接続用のピンが立ってませんので、別途ラズベリーパ イ本体にピンを立てるか、 又は直接ハンダ付けする等といった加工が必要になります。


 

ケース

ケースは無くても利用できますが、ここではI2S-DACとケースがセットになったものを使用しており、透明のアクリル板がベースとなっているものにカーフィルムを張って黒くしたものを使用しています。


 

スピーカー

スピーカーには「アクテイブスピーカー」と「パッシブスピーカー」と呼ばれる2種のスピーカーがあり、 どちらを使うかによって構成が変わってきます。

●アクテイブスピーカー
スピーカーにアンプが内蔵されているもので、最近ではPCスピーカーというカテゴリに入っていたりします。 簡単な見分け方はスピーカーにボリュームのツマミが付いており、 またスピーカーに電力を供給するためのケーブルが出ている(ACアダプタを刺す場合はジャックがついている)ものは ほぼ「アクテイブスピーカー」と呼ばれるもになります。
アンプが内蔵されているので接続はDACに直接繋げるだけで良く、簡単、コンパクトに設置できるなどが特徴です。
※ポイント
「アクテイブスピーカー」の場合はオーディオアンプ不要でDACに直接接続

 

●パッシブスピーカー
スピーカーだけで販売されており、一般的にはピュアオーディオ用といったカテゴリで販売されています。 別途オーディオアンプを必用としますので、このパッシブスピーカーだけでの使用はできません。
音質はスピーカーの大きさや数、またオーディオアンプでも音が変わることから、 好みの音を出すアンプ、スピーカーを組み合わせることで自分の音を追求できることが特徴です。
※ポイント
「パッシブスピーカー」の場合はアンプ必用で DAC→アンプ→スピーカー で接続


 

オーディオアンプ

前述したパッシブスピーカーをつなげる際に必用になります。
スピーカーと同様、多種多能なものがあり、値段も数千円から数十万、数百万と様々なものが販売されていますのでお好み物をご利用ください。 ここでは小型で安価にも関わらず、良い音を出すと人気のオーディオアンプ「Lepai LP-2024A+」を使用しました。


 

電源&ケーブル

・電源&ケーブル
ラズベリーパイの要求電圧は5V、MicroUSB端子ですのでスマホ用のUSB電源及び、ケーブルが利用できます。
容量(A)ですが1A以上、できれば2Aあれば安心です。
100円ショップ等で売られている格安のスマホ用充電器、ケーブルでも動作はしますが耐久性は不明です。
また、変換プラグを使うことで5VのACアダプタでもOKです。
電源、ケーブルによる音質への影響はここでは触れません。


 

無線LAN

ラズベリーパイにはUSB端子がありますのでここに市販されているUSBタイプの無線LAN子機を接続することで 無線LAN化することができます。ただし、全てのUSB無線LAN子機がそのまま使用できるわけではなく、Volumio(Linux)に対応した子機 (volumioがその子機のドライバをあらかじめ持っている)でないと コマンドでの設定操作が必要になりますので、コマンドに自信がない方はネットで調べるなどして動作確認がとれているUSB無線LAN子機の購入をお勧めし ます。
また、コマンドでの操作が必要になりますが、機器が対応してれば親機(アクセスポイント)として動作させることも可能になります。


 

その他小物

・L字アダプタ
今回は配線の向きを変えたかったので利用しましたが必須ではないのでお好みでご利用ください。

・カードリーダー
SDカードにOSを書込むのに必用となります。

・設定用PC
OSの書込みやブラウザからvolumioの設定を行うので必須です。
このサイトではWin7でのPCを使って解説していますが、Macでも大丈夫だと思います。
(※Mac環境が無いためため未確認)


 

組立に自信がない方へ

組立とセットアップはとても簡単ですので是非作っていただきたいのですが、 時間がない方やどうしても組立設定に自信がない方はキットの完成品もありますのでこちらをご利用ください。