音楽ファイルの保存

ここではVolumioに音楽ファイルを置く(転送する)方法を説明します。

Volumioの電源が入っている状態で、スタートボタンからコンピューターを選択します(Windows7の場合)。
OF1a

左側に「ネットワーク」という欄が現れますので、コンピューター名が「VOLUMIO」とある文字の左にある三角をクリックして共有フォルダを表示させます。
OF2sq

「NAS Music」「Ramplay」「USB Music」「WebRadio」と名前のついた4つの共有フォルダが現れます。

これら4つの共有フォルダですが接続(アクセス)している機器に違いがあり、それぞれ特徴がありますのでお好みの場所に音楽を保存してください。

●「NAS Music」:ラズベリーパイのSDカード(OSを書込んだMicroSDカード)
●「Ramplay」:ラズベリーパイ本体のメモリ(RAM)
●「USB Music」:USB接続した機器 例)USBメモリ、HDD等
●「WebRadio」:ラズベリーパイのSDカード(OSを書込んだMicroSDカード)

「NAS Music」
Volumioを書込んだSDカードを公開した共有フォルダになります。
初期設定ではSDカードの領域が拡張されていませんので利用可能な容量は数ギガですが、拡張を行うことでカードの最大容量まで利用することができます。
拡張の仕方はこちら「SDカードの拡張」にて記事にしています。
このSDカードにはOSが入ってますので音楽を保存できる容量はSDカードの総容量からOSの使用容量(約2ギガ)を引いた量となります。
ラズベリーパイはSDHC規格までの対応ですので最大32GまでのSDカードが利用できます。

「Ramplay」
ラズベリーパイに搭載されているメモリ(RAM)を公開した共有フォルダになります。
ここに音楽ファイルを置くことで、CPUの負荷を減らし高音質での再生を目的としています。
またファイルを保存できる容量は初期設定時は256MBとなっております。
メモリをストレージとして使用するため、ラズベリーパイ(Volumio)の電源を落とすと、ここに保存したデータは消えてしまいます。

「USB Music」
USBメモリやUSB接続のHDD等を公開した共有フォルダになります。
Volumio1.55ではこのドライブへファイルを転送する場合、SDカード(Nas Music)に比べると転送速度が遅いようです。
ファイル数、容量が多くなると少し不便を感じるかもしれませんが、PCにUSBメモリ、又はUSB-HDDを接続し音楽ファイル転送後、ラズベリーパイに接続して利用すことも可能です。
※USBメモリの抜き差し時にはラズベリーパイの電源を切っておく事をおすすめします。

「WebRadio」
webラジオ、インターネットラジオを聴く際にここにファイルを入れて視聴します。
詳細はこちら「ネットラジオの聞き方」で説明します。

次にファイルの転送方法ですが、転送先の共有フォルダをクリックし、音楽ファイルをドラッグ&ドロップすると転送が開始されます。 ここでは「NAS Music」にTEST_MP3というファイルを転送しました。
Vol4