OS(Volumio)の導入

まずは何も繋げずラズベリーパイのみでVolumioのインストールを行い動作確認を行います。いきなりDACやアンプを取り付けて組立を行うと、 音が出ないといったトラブルが起きた際、DACに問題があるのか、ラズベリーパイ本体、OSのインストール、又はアンプに問題があるのかわからないので、 まずは何も繋げずラズベリーパイのみの最低構成で動作確認を行います。


 

1)SDカードを初期化

volumioをSDカードに書き込む際、カードのフォーマットはFAT32でないといけないので、SDカードをFAT32でフォーマットします。 Windowsの該当ドライブを右クリックすることでフォーマットすることも可能ですが、起動できない例(相性?)もあるようですので、SD Association が公開している「SD/SDHC/SDXC用SDフォーマッター4.0」というフリーソフトを使用してフォーマットしておきます。

SD Association SD/SDHC/SDXC用SDフォーマッター4.0のダウンロードはこちら

SDカードをカードリーダーにセットし、「SD/SDHC/SDXC用SDフォーマッター4.0」を起動します。
SDF1tx

左画像の①「Drive」からMicroSDカードがあるドライブを選び、②「オプション設定」をクリックします。

画像右の窓が現れるので、③「イレースフォーマット」を選択し④「理論サイズ調整」を「ON」にして⑤「OK」をクリックします。

再度、左画像の⑥「フォーマット」をクリックするとフォーマットが始ります。

フォーマットが終わったら「SD/SDHC/SDXC用SDフォーマッター4.0」を終了させます。

※イレース処理に対応していないためクイックフォーマットにてフォーマットされる時はそれでOKです。
※この先の工程で何度やってもvolumioが起動しない場合は③消去設定を「上書きフォーマット」にてフォーマットしてみてください。

 

2)OS (Volumio)をダウンロード

ラズベリーパイ用のvolumio-0.979をDLします(2016/9/8現在)。
Volumioのダウンロードページはこちら

このページの「GET STARTED」をクリックします。
vol2_1

「DOWNLOAD」をクリックします。
vol2_2

新しいタブが開き、しばらく待つと窓が現れます。
vol2_3

ファイルはZip形式で圧縮されてますので解凍してください。
解凍すると2016/9/8日現在ですと「volumio-0.979-2016-08-20-pi」というイメージファイルが現れます。


 

3)SDカードにOSを書込む

VolumioのイメージファイルをSDカードへ書込むには専用のソフトが必要になります。
今回は「DD for Windows」というフリーソフトで書込みを行いました。
「DD for Windows」のダウンロードはこちら

SDカードをカードリーダーにセットし、「DD for Windows」を起動します。
DD1

「ディスク選択」をクリックして、Volumioを書き込むSDカードを選択します。
DD1ar1

選択ボタンをクリックしてもドライブが現れない場合は一度ソフトを閉じ、起動アイコンを右クリックして「管理者として実行」からソフトを起動してください。

 
「ファイル選択」をクリックし、
DD1ar2

Volumioのイメージファイルを選択します。
imgファイルが出ない場合は「ファイルの種類」を「All files」にしてみてください。
vol2_4

「<<書込<<」をクリックし、SDカードにVolumioのイメージを書き込みます。
vol2_5

いろいろ聞かれますが全て「はい」をクリックすると
vol2_6

vol2_7

vol2_8

書込みがはじまります。
vol2_9

「書込みが完了しました」と出れば終了ですので、ソフトを終了させてSDカードを抜いてください。
vol2_10


 

4)Volumioを起動する

volumioが入ったSDカードをラズベリーパイにセットし、LANケーブル、イヤホンを差し込みます。

※この後の工程でラズベリーパイをPCから(ネットワーク経由で)操作しますので、LANケーブルはPCと同じネットワークに接続してください。

 
ラズベリーパイに電源ボタンはありませんので、電源供給用のMicroUSBを刺して電源を入れます。

基板上のLEDが光りだすと起動が始まってます。
初回起動時には起動が完了するまでに1~2分ほどかかる場合がありますのでしばらく待ってください。

起動したらPCのブラウザから
http://volumio.local
と入力するとラズベリーパイにつながり、この画面が現れればOSは無事インストールされてます。
vol2_11

初回表示時には時間がかかるようですので、しばらく待ち、待っても現れないようでしたら更新をしてみてください。

 

5)音楽ファイルを入れる

動作確認用にテスト用の音楽ファイルをラズベリーパイのSDカードに転送します。

Windows10の場合「PC」をクリックします。
vol2_12

この画面になりますので、アドレス欄に「¥¥volumioのIPアドレス」を入れます。
volumioのIPアドレスの調べ方はこちら「IPアドレスの確認方法
vol2_15

この画面に映りますので、
vol2_16

「Internal Storage」をクリックしてフォルダを開き、音楽ファイルをドラッグ&ドロップで入れるとファイルが転送されます。
vol2_17

※このファイルはI2S-DAC接続時の動作確認時にも利用しますので捨てないでください。

 

6)音楽ファイルの再生

ブラウザのアドレス欄に
http://volumio.local
と入力しVolumioの操作画面を表示させます。
vol2_11

右上の「歯車マーク」をクリックして
vol2_28

「MY MUSIC」へと進みます。
vol2_27

「Rescan」をクリックして音楽ファイルを認識させます。
vol2_18

Volumioのメインページへ移り左下の「Browse」をクリックします。
vol2_29

「Music Library」をクリック
vol2_31

「INTERNAL」をクリック
vol2_19

すると先ほどいれたファイルが現れます。
vol2_20

再生させたい曲の右側の「三」をクリックし、「Play」をクリックすると再生されます。
vol2_32

再生がはじまりますのでイヤホンから音が流れていることを確認してください。
音楽が流れたら無事ラズベリーパイの動作確認は終了です。

※初期設定ではボリュームが最大になっていますのでイヤホンは耳につけず少しづつ耳に近づける等して音量には気をつけてください。

 

最後、電源を落としてラズベリーパイに繋がっているイヤホンを抜きます。

右の「歯車マーク」から
vol2_28

「SHUTDOWN」を選びます。
vol2_38

「Power OFF」をクリックして電源を落とします。
vol2_39

次は「本体組立(I2S-DAC)」へ進みます。