ラズベリーパイにはUSBが付いてますので、ここにUSBタイプの無線LAN子機を接続することでLANを無線化できます。
ただし、機器によってはドライバの関係から使えないもの、コマンドによる設定が必要になるものなどありますので、ネットで検索するなどして動作の報告が取れているものの購入をおすすめします。
ここではvolumioのweb画面から設定ができるWN-G300UAを使って説明していきます。


接続方法

ラズベリーパイにUSB無線LAN子機と有線のLANケーブルの両方を接続しラズベリーパイの電源を入れます。

volumioのTOPページからへ「Menu」から「Network」へと進みます。
pic235ar

「Wireless Connection」という項目で無線LANに接続する設定を行います。
入力する項目は「Network Name」「Security」「Password」の3つで スマホをwifiに接続するときと同じ要領です。
WLN02ar

「Network Name」はお使いの環境によって名前が違いますが、普段スマホを接続しているネットワーク名を入力すれば大丈夫です。
WLN06sq

Securityは無線LAN親機側で設定してると思うので、それにあわせてください。
Passwordもスマホを家のWi-Fiにつなげる時に使ったPassです。
WLN03

3つの項目を入れたら「SAVE CHANGES」をクリックすると接続が開始されます。
WLN04

接続が成功すると「Status:Connected」と現れ、各種ステータスが表示されます。
WLN07

この状態で有線LANケーブルを抜いてwebから操作ができることを確認してください。

再起動して、再起動後も無線LANのみで接続&操作ができることを確認してください。

無線LAN接続時は有線時に比べ起動時間が長くなります。


 

省電力モードをOFFにする

WN-G300UAの場合、しばらく接続がないと省電力モードに入り接続できない時がありますのでこの省電力モードをOFFにします。

SSHでVolumioと接続します。
接続方法がわからない場合は「SSHでの接続方法」をご覧ください。
sk10

とコマンドを入力し、nanoエディタでファイルを開けます。
コマンドの入力方法がわからない場合は「コマンドの入力方法」をご覧ください。
nanoエディタの使い方がわからない場合は「nanoエディタの使い方」をご覧ください。

何も書かれていないファイルが開かれると思うので

とコマンドして追記します。
pic397

追記が完了したら完了したら「Ctrl」+「X」から、「Y」、エンターキーの一連の流れで上書きして出ます。

とコマンドして再起動をかけます。

再起動後

とコマンドして、0が現れたら省電力モードはOFFです。1とでたらONになってます。

pic398ar